【Ad】

バトル画面に登場する様々なお助けアイテムのまとめ

バトル画面ってかなり奥が深い作り方がされています。

一番最初に見たのは小さなハート。ハートは金色ハートに変わりますし、他にも砂時計とか剣などのお助けアイテムがたくさんでてきます。

気になる自分の味方になってくれるお助けアイテムを紹介しておきます。

スポンサードリンク




お助けアイテムはたくさんある!

バトルの中でお助けアイテムが出たらラッキーです。

そんなお助けアイテムを紹介しておきます。

アイテムの中には育って全員で使えるものと、出たらすぐに取ったほうがいいアイテムがあります。

またアイテムは、1画面の中に3つが上限で、取らないと次のアイテムが出にくい傾向があありますので出来る限り取ったほうがいいと思っておいてください。

一定のターンで育つアイテム

ハート

小さなハート

ハートは基本的にHP回復の役割をしています。また毒攻撃などダメージを受けている時に取ることで正常な状態に戻す回復効果をもっていますのでハートが出たらラッキーです。

ハートですが、通常は最初は小さなハートが出ます。

大きなハート

その後、1ターン置くと大きなハートに変わります。

赤いハートというのは、取った人のHPに応じて回復しますので、HPができるかぎり大きい方が取ったほうが回復量が多いです。

金色ハート

更に2ターン置くとハートの色が金色に変わり、金ハーと言われているものに変わります。この金色ハートになるためには4ターン待たなければいけませんが、金色ハートに育ててあげることでメリットが高いのです。

金色ハートを取ると、自分の持っているHPの最大75%程度の回復をすることができます。つまり、全員のHPが回復し、毒状態などのダメージ回復も一緒にできます。

できるならばハートは取らずに金色になるまで待ってみましょう!

ハートの回復量ですが、別の記事の中に入れております。

ハートが出やすい条件ととハート回復量のまとめ

 

砂時計

砂時計の役割は、ストライクショットの時短です。

砂時計

この状態で出てきますが、4ターン後に育ちます。

砂時計 育った

このような大きくてしっかりした砂時計になると、ストライクショット時短が全員に効くことになり、3ターンだけマイナスされます。

できれば全員がストライクショット時短ができるまで育てておきましょう。

 

ガイド表示

一見、ストップウォッチみたいな形をしているような、羅針盤みたいな形をしているようなこのアイテムはガイド表示と言います。

ガイド 小

このガイド表示は取った人だけが、モンスターの弾く軌道を教えてくれるもので初心者の人ほど便利なアイテムです。

ガイド表示 大

はじめは小さいガイド表示ですが、4ターン経過すると少し大きなガイド表示に変わります。大きなガイド表示を取ると、モンスター全員がガイド表示ができるようになります。

ガイド表示についてはこちらに詳しく解説しております。

ガイド表示って必要なのか?

 

育たないアイテム

先程は4ターンとか経過すると育つアイテムでしたが、出てきてすぐに取ってもいいアイテムもあります。

スピードアップ

ブーツ 羽 マーク

ブーツに羽が生えたマークを見かけたことがあると思います。

靴マークとか言われていますが、これを取るとスピードアップして攻撃することができます。ちなみに、このアイテムを使って出る速度は約66.6kmほど高くなるとのこと。

イマイチわかりにくいですが、要は遅いモンスターでもこれをとって攻撃するとグルグル駆け回れるという感じで覚えておくといいでしょう。

 

モンストの中でこれはかなり使えるアイテムが剣です。

剣 攻撃力アップ

この剣ですが、1人しか取ることができないもので、取ったモンスターの攻撃力を1.5倍にしてくれます。

できればボス戦で登場して欲しいアイテムです。

育たないアイテムなので登場したら、中ボスやボスの攻撃ができる位置の人が取って使うのがベストです。

 

以上、モンストで有利になるお助けアイテムのまとめでした。

【知らなきゃ損!】オーブ無料のマル秘テク

モンストオーブ無料