【Ad】

ダメージウォールってどういう意味なのか?

モンストのクエストの中に登場する厄介なギミックの一つであるダメージウォール。

ダメージウォールって一体なにか?対策はあるのか? 対策の中にあるアンチダメージウォールと半ダメ壁の違いはあるのか?

そんな疑問についてまとめます。

スポンサードリンク




ダメージウォールとは何か?

モンストの中のギミックとしてかなり厄介なものがダメージウォールです。

ダメージウォールに突っ込むと、ほぼ即死となり、負けてしまいます。そのため、アンチダメージウォール(ADW)持ちのモンスターまたは半ダメ壁持ちのモンスターを連れて行く事で回避することができます。

 

ダメージウォールが貼られるステージは、ある程度決まった雑魚またはビットンやシールドが登場するため、初見プレイでも非常にわかりやすいです。

ダメージウォール 出現

こちらは、覇者の塔16階のステージで登場するダメージウォールになります。

上にいるカンガルー(うさぎみたいな雑魚)がダメージウォールを張ってきます。

3面貼られると回避できないので、連れて行っているモンスターは全員がアンチダメージウォールのアビリティを持つモンスターを編成にいれて行きます。

またダメージウォールがあるステージは半ダメ壁というアビリティ持ちのモンスターも連れていくことができます。

アンチダメージウォールと半ダメ壁の違いは?
アンチダメージウォールと半ダメ壁。呼び方は違いますが、防げる効力は同じです。ダメージウォールが貼られている壁をダメージを受けることがない状態で攻撃することができます。

ダメージウォールに触れると、完全に負けてしまうので必ずアンチダメージウォールまたは半ダメ壁をアビリティとして持っているモンスターを連れていくことが攻略の鍵となります。

 

アンチダメージウォール持ちのモンスターは?

アンチダメージウォール持ちのモンスターは必ずモンスターの中に表記があります。

ゲージ アンチダメージウォールアンチダメージウォール

何も書かれていない状態で「アンチダメージウォール」とあるものは、そのまま有効になります。

ところが「ゲージ:アンチダメージウォール」と書かれているものは、ゲージを成功しないとアビリティとしては有効にならず、ダメージウォールに対して突っ込むと即死となります。

つまり、「ゲージ:アンチダメージウォール」と書かれているモンスターはゲージを成功させないとダメージウォールに対しての効力がなくなります。

必ずゲージにアンチダメージウォールがある場合は成功させてショットを打つようにしましょう。

【知らなきゃ損!】オーブ無料のマル秘テク

モンストオーブ無料